COUNTER2435

設立趣旨

 
 1990年代より多くの利用者を獲得し発展し続けるインターネットは、情報技術の力により新たな産業革命をもたらしました。人類が今まで経験したことの無い地球規模での情報ネットワークは、国境を超え、人種・言語を越え、完全にボーダーレスなコミュニケーション空間を創造しました。

 このインターネットの出現により、既知の概念では図ることの出来ない新たなビジネスが数多く生み出され、日本国内でも多くのネット起業家や企業が立ち、独創的なビジネスモデルを武器に多くの成功を収めました。

 この新たなネット空間によるビジネス活動は、既存の産業を置き換えるものとして考えられましたが、近年、成功を収めているネット企業や個人を詳しく研究した結果、多くの場合に於いてインターネットマーケティングの選択は、既存の事業では成し得なかった事業分野での成功へとつながっており、結果的にインターネット戦略の成功は企業発展をもたす結果となっていました。

 インターネットビジネスは、低迷する経済に活力を吹き込み、新たな産業の振興を起こす為の重要な起爆剤の一つであります。この、インターネットビジネスの手法の多くは、先駆的な企業や個人により実験的に発明され、確立されてきましたが、多くの情報はいまだ認知されたものではありません。もし、ある地域コミュニティーがインターネットを利用して産業の活性化を図ろうとした場合、私達の蓄積してきた情報は非常に有益な情報として機能するはずです。インターネットマーケティングは歴史の浅い分野であり、多くの重要な情報が公に流通されておらず、また日々新たな手法が発見され、常に情報を収集し続ける姿勢と努力が必要であります。

 私達は、平成10年10月からの活動を通じて、私達の扱う情報の多くが広く社会へ浸透することにより、情報化社会の発展や、産業の振興に大きく貢献するものであると考えたのであります。

 株式会社を運営母体として活動を行ってきましたが、さらに中立的に、志を同じくする団体や個人と協力し合ってよりいっそう活発な活動を行う為に、特定非営利活動法人インターネットビジネス研究所を設立することといたしました。
 

Copyright (c) 2009 Internet Business Research Institute.  運営者 ログイン